PRESERVED FLOWER プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーとは

「プリザーブド」とは“保存”という意味の英語。
プリザーブドフラワーとは、生花を美しい姿のままずっと長い間楽しめるように、特殊な加工を施された特別なお花のことです。
その加工方法とは、生花の組織を保ちつつ、花の中の水分とプリザーブド液を交換する特殊なもの。
花の中の水分と入替えた特殊なプリザーブド液によって、生花のようなみずみずしさと柔らかさを保ち、美しい状態を長い間楽しむことができます。

プリザーブド液と一緒に色素液を吸わせることで、様々な色の表現が可能。
水やりは必要がないので、手間をかけずに長い間楽しむことができます。

What is preserved flowers?
“Preserved” means keep something fresh in English.
Preserved flowers are special flowers with specially-treated which enable to keep an original beauty of fresh flowers last forever
The processing method is a unique exchange preserved fluid for fluid in the flower keeping floral tissue.
Preserved flowers retain moisture content and softness so that you can enjoy a beautiful look for a longer time by a special preserved fluid exchanged from fluid in the flower
And also various color will be available when adsorbing pigment with preserved fluid
No watering required makes you enjoy the flower for a longer time without great care

プリザーブドフラワーの歴史

美しい花を、そのままずっと保存したい」というアイデアから、初めにドライフラワーが生まれました。
エジプトのピラミッドではドライフラワーの痕跡が多く見られるそうです。
長く親しまれたドライフラワーは1970年代になると、微妙な色合いを残す技術が加わり、フリーズドライ製法が完成しました。しかし、硬さや変色に問題がありました。
そこで、葉っぱ類の柔らかさを保つグリセリンを使用した技術を花にも応用しようと、1980年代頃からプリザーブド技術に関して幾つかの機関で研究が始まりました。
1986年にはベルリン大学とブリュッセル大学が、共同研究を通じて長寿命の切花の開発をスタートし、1991年その技術を基にヴェルモントが世界特許を取得しました。
ヴェルモントはバラの製造を大々的に進めるためにエクアドルで工場を設立し、プリザーブドフラワーの本格的な生産が開始しました。
その後1996年からヴェルデッシモの生産がエクアドルで手掛けられ、同じころにはコロンビアでもフロールエバーの生産が始まりました。
現在では各社が生産体制を整え、高品質な商品を世に送り出しています。

History of Preserved Flowers
An idea of keeping a beautiful flower last forever brought an invention of a dried flower
It has been discovered a lot of traces of dried flowers in Pyramid of Egypt.
Long-admired dried flowers added technology of leaving subtle tinge of color in 1970’s could achieve a freeze-dried method. There are, however, problems of hardness and change in color.
The research and study of preserved technology has been started in 1980’s in several laboratories and institutes to apply existing technology of keeping softness of leaves with glycerin into flowers.
University of Berlin and Brussels started joint development of longer-life of cutting flowers in 1986 and based on this technology Vermont obtained a global patent system in 1991.
Vermont builds the factory in Ecuador for producing roses in a big way and resume full-scale production of preserved flowers.
Since then mass production of VERDISSIMO has been started in Ecuador in 1996 and at the same time mass production of Florever Has been started in Columbia.
Today various manufacturers tool up production and bring high quality products into the world.

生産の拠点

赤道直下のバラの生産地では一年中を通して薔薇の供給が可能な為、新鮮な薔薇を鮮度を落とさずに加工することができます。
そのメリットを享受するために、コロンビア・エクアドルに多くのメーカーが生産拠点を持っています。
フロールエバー、ヴェルディッシモ、プリマヴェーラ、アモローサなどがその代表的なブランドです。
またケニアではヴェルモントが拠点を持っています。
一方グリーン・リーフ類の製造はドライフラワー開発の歴史を持つフランス・スペインを始め、ヨーロッパ各地で多くのアイテムが生産されています。
2003年頃に日本で手作りプリザーブド液が開発された後は、生産に携わるメーカーが一挙に増加しました。
中国ではいくつかのブランドが生まれ、プリザーブドフラワー の開発が盛んになっています。
今日では、南アフリカ・オセアニア・台湾・韓国等でもプリザーブドフラワーの開発が進んでいます。

Manufacturing Places and Hubs
Since the equatorial place of production of roses can supply the roses all year long, fresh roses can be produced without deterioration.
To receive a considerable amount of benefits, many manufacturers have production hubs in Columbia and Ecuador.
Florever, VERDISSIMO, Primavera and AMOROSA are representative brand names.
Also in Kenya Vermont has a production hub.
On the other hand, the production of various kinds of green leaf are being produced in France, Spain and Various European countries where the history of invention of dried-flowers.
After the year of 2003 when hand-made preserved fluid has been invented in Japan, numbers of manufacturer engaged in production have been increased at once.
Several brands were born in China and development of preserved flowers are booming
Today, it expands development of preserved flowers even in South Africa, Oceania, Taiwan, Korea and etc.